HOME > > 爪の知識と役割

爪の知識と役割

爪の構造爪(手・足)の目的とは、指先の保護をする為に付いています。物を掴んだり握ったりできるのは、爪のお陰です。健康的な爪は、半透明なピンク色で適度な厚みがあります。手の左右を比べてみると、利き手が早く伸びていきます。。足の爪は手に比べて半分以下の速度で伸びていきます。
爪は呼吸していると思っている人がいますが、爪は呼吸していません。ですので、ネイルを塗っても問題ありません。しかし甘皮で水分や油分の調整を行っているので、甘皮部分に付かないよう、注意して塗ることが大切です。
また、爪に最も必要な栄養素はタンパク質です。偏食をしない限り、通常の食生活で問題はありません。
爪は、健康状態によって、色や形が変化します。不調になってくると白・紫・赤に変色し、爪が反り返ってしまいます。爪は私達の健康を写す鏡でもあります。毎日、爪のチェックを行ってみて見るのも良いでしょう。


「爪」内の記事一覧

ネイルケアで爪美人

ネイルケアで爪美人では、爪の病気や、お手入れの方法、マニキュアの塗り方・落とし方など、爪・ネイルアートに関するマメ知識を掲載しております。また、全国のネイルサロン一覧もございますので、お近くのネイルサロンをお探しの方は是非ともご覧下さい。さらに、少数ではございますが、東京都のネイルスクールも掲載しております。

Copyright © 2006 ネイルケアで爪美人 All rights reserved