陥入爪

陥入爪手足によくある症状です。手入れの際にやすりのかけ方が悪かったり、靴が自分の足に合っていなかったりするのが、この症状の原因です。
爪が深く食い込んでいない場合は、爪の角を丸く切り、側爪部にかかる圧力を減らしましょう。
反対に、爪が食い込んでいる場合は、専門医に診てもらいましょう。
この症状は、足の親指に一番起こりやすく、爪の先端の両側が、その周囲にある皮膚に食い込むため、かなりの痛みを伴います。化膿や出血を繰り返すので、痛みで歩けなくなることも少なくありません。
また、陥入爪の原因の一つは深爪です。爪を切る時は、指先より1ミリくらい長めにしておきましょう。


「爪の異常と病気」内の記事一覧

ネイルケアで爪美人

ネイルケアで爪美人では、爪の病気や、お手入れの方法、マニキュアの塗り方・落とし方など、爪・ネイルアートに関するマメ知識を掲載しております。また、全国のネイルサロン一覧もございますので、お近くのネイルサロンをお探しの方は是非ともご覧下さい。さらに、少数ではございますが、東京都のネイルスクールも掲載しております。

Copyright © 2006 ネイルケアで爪美人 All rights reserved