HOME > 爪の異常と病気 > 爪の変色

爪の変色

爪の変色とは、爪の色が、黄色・紫色・緑色など、様々な色に変色する症状です。血液の流れ・循環が悪かったり、心臓の病気があったりするとこのように爪が変色してしまいます。また、薬が原因であったり、全身性疾患の兆候であったりする場合もあります。爪が変色した時は、つけ爪をしたり、マニュキアを塗ったりして変色した部分を隠すことができます。
爪の変色


「爪の異常と病気」内の記事一覧

ネイルケアで爪美人

ネイルケアで爪美人では、爪の病気や、お手入れの方法、マニキュアの塗り方・落とし方など、爪・ネイルアートに関するマメ知識を掲載しております。また、全国のネイルサロン一覧もございますので、お近くのネイルサロンをお探しの方は是非ともご覧下さい。さらに、少数ではございますが、東京都のネイルスクールも掲載しております。

Copyright © 2006 ネイルケアで爪美人 All rights reserved